妊娠初期 流産 確率

MENU

妊娠初期 流産 確率

妊娠初期 流産 確率

 

パリ・アートフェアに出展してきました!〜絵画の展示販売

 

 

■Mさん(女性)の体験談

 

6月5日(土)、6日(日)とパリのアートフェアに香港のギャラリーさんと共に出展してきました。早朝の列車に揺られる事5時間、朝8時45分パリ東駅へ到着。

 

重たーーーーーーい荷物を抱えていざ地下鉄乗り場へ!

 

会場はカルーセル・ド・ルーブル(ルーブル美術館の横)だったので、ルーブル美術館駅で下車!土曜日のパリは真夏日でした。

 

会場に到着したもののまだ開いておらず覗き込んで中に居た警備員のおじさんに
「ボンジューーーーール!!!」

 

でも10時まで開けてあげられないということで時間が来るまで上のカフェで待つことに。
あーーーー緊張がもう無くなっている。

 

だって!まあ、おいしいカフェとパンオーショコラなんですもの。美味しすぎて気持ちがすっかり緩んで余裕な気持ちで朝食。

 

 

 

さぁさぁ、いざ10時!開場は11時。
作品をセッティングするまで1時間しかない!

 

でも点数も少なかったし頭の中でもうどのようにセッティングするか出来上がっていたので・・・すぐに荷解きをして大道具さんに変身してさっさっさ!何とか開場に間に合う!

 

こういう時、臨機応変さが必須だったテレビ美術の仕事経験が大いに役立ちます。
香港のギャラリストさん、中国人アーティストさんともご挨拶!、「よろしくね〜!」

 

 

さて本題に入りまして今回参加させてもらったアートフェアではフランスのギャラリー、フランス人アーティストの絵画を中心に展示販売されていました。

 

このアートフェアは例えばスイスのバーゼル・アートフェア等とは違い、庶民にも手の届くお値段の作品が多く、最高値で5000ユーロという規定がありました。子供づれの家族なども多く訪れ、始終和やかなムードなアートフェアでした。

 

勿論私の作品は5000ユーロには程遠い安値です。

 

 

私にとってアートフェアに参加するのは初めてで、一点も売れなかったものの、とても良い経験になりました。ちょっと冒険しすぎの作品を持っていってしまった感じです。

 

 

 

どのような人々が私の作品を好むのか、どのような視点で見てくれるのか、たったの2日間だけでも良く見えた気がします。多くの人々との会話からも沢山のことを学びました。

 

これから先の制作のモチベーションが相当上がりました。また機会があったら今度は全然違う方向で見せるのもいいかも!と思っている次第です。

 

作品を売ることの難しさも改めて知った次第です。(トラブルも沢山ありました。)
何事も経験です、ね。

 

妊活 サプリ オーガニック おすすめ
ダウン症 遺伝 検査